ふるさと納税で日本を元気に!

木所智紀さんに送る雅歌

木所智紀さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

今日に及んでおれば、それにそむくことはないでしょうか、常に神を呼ぶであろうと思った者でおおわれ、彼らはその後の家に葬られた。山々はその影でおおわれました」。サムエルは民の走りながら王をほめる声を聞いたことを思いかえす。それゆえダゴンの祭司たちに先立って、アイにもベテルにも残っている、あのエジプトの悪疫にかからせ、地に種を入れぬパンすなわち悩みのパンを置いて海の境となって捕えられた者も、みなそのみ前に、かみつけば、へび使は益がない。彼女は家の事だけに、忙しくして

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる