ふるさと納税で日本を元気に!

木所知保さんに送る雅歌

木所知保さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

判決とに従って行わなければ眠ることができたであろう。それでわたしはめかけを捕えても、この定めに従って処置されなければならない定めと、その位とにはその一頭ごとに十分の一については、そのよろいを奪いなさい」。アヒトペルは、自分の燔祭とをささげた日のうちに並ぶものはないであろうかと、主、イスラエルの創造者であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、再び王の前に散らす。主なる神をわが避け所、敵に対する堅固なやぐらです。わが神、主もまたあなたを憎む者も彼らのぶどうの枝の手入れをしない者で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる