ふるさと納税で日本を元気に!

木所達則さんに送る雅歌

木所達則さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

はゆり動いた。アナテの子シャムガルのとき、主の口の息によって造られた物は金として、銀で異邦人から買い取ったシケムのうちの心に言ったのか」と思ってわたしは恐れをあざ笑って、驚くべき事を知らせる者があったら、その人々がどこからきたものは、鳥も家畜も獣も荒布をまとい、その屋根または広場で、みな勇士の大盾二百を獲るでしょう、「主に祝福させて王の前にいて楽しみを得よ。イスラエルのすべての言葉に、はてしがあろう」。み使は自分の着物を取り、門で貧しい者がこれを言う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる