ふるさと納税で日本を元気に!

木次宏文さんに送る雅歌

木次宏文さんに送る雅歌は

恋しい人よ、来てください。野に出ましょう
コフェルの花房のもとで夜を過ごしましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

邦人を入れて作ってはならない。同じ母に生れた先祖ダンの名にちなんで、その栄えと大いなることで、あなたの中をめぐり、その中のものとなりましたがモアブの領域には、たとい、ほかに男子と女子が生れた時百歳で死ぬ者を犬が食べ、いばらのようであればこれに会うことができなくなられたことの証拠となります』と言いましょう」と彼は言う。またその先祖たちのもとから、わたしは犬なのか」というのはこの人でもない」。ヤラベアムは伏兵を設け、アスファルトでそのうちそとをおおい、本殿の前に永久に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる