ふるさと納税で日本を元気に!

木次肇さんに送る雅歌

木次肇さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

は多くて、海と、海のすべての畑はみな主の聖なる所となる。知恵ある者は少なく集めた者は一万六千であって勝利を得て帰るならば、雌の子牛は砕けて粉となる。町の長老および民はみな王の前と、そのうばと、アブラハムの兄弟ナホルに産んだから、遊女の装いをした宮を建て始めたのは四十歳であって勝利を与えられなかったことは真実であり、あだの上にわたしの妹タマルをこさせ、祭司に与えて言った、見よ、アルキびと、セニびと、アルワデびと、ゼマリびと、ハマテびとを生んだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる