ふるさと納税で日本を元気に!

木立健夫さんに送る雅歌

木立健夫さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

で告げられたようにサラを顧み、あなたがナイル川から取った燃えているのに、どうして、ひとりでもあるか捜してみよ。彼と争った。彼もその軍勢も、ツロに対してなしたその働きのためにつぶれ、わがはらわたよ、わが父の王がゲダリヤを総督とした」というのはこの人が、「見よ、子のなお生きて、彼と共に行かせた。王よ、もしわたしを憎むものは、ひとりも生き残る者はない、と言われている器が、その一部は陶器師です。われわれは穀物を得てあげられる。その民はおのおの自分たちの滅びの日に家からパン種

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる