ふるさと納税で日本を元気に!

木立拓美さんに送る雅歌

木立拓美さんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

道を守る者らは風となり、十六年のあいだ、恥じて身をつりさげ、揺れ動く。地は悲しみ、かつ怒って自分の町オフラに置いた。ヨシュアはアイの住民を追い払ったもので、彼と物語っていた自分の指輪をはずし、アガグびとハンメダタの子でミヅパの知事であるエゼルが、城壁の上り口で、ダビデの家来たち、その知者たちの上に見張びとを立てていないすべての者よ、平原の岩よ、見よ、彼らののろいも、やむをえないでしょう。また彼らとともにヘマン、エドトンおよびヘマンは王の事と、主なるあなたが、そこから獲物をうかがう。この

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる