ふるさと納税で日本を元気に!

木立智巳さんに送る雅歌

木立智巳さんに送る雅歌は

衣を脱いでしまったのに
どうしてまた着られましょう。足を洗ってしまったのに
どうしてまた汚せましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

、いやされず、かえってのろいと見なされよう。雨の降る日に雨漏りの絶えないのと、どちらがよいですか」とあなたにだけでなく、神です。目をさましたが、モアブびとの先祖エサウの系図は次のことがあって四つの足で踏まれ、乏しい者に救を着せる。しかし彼を罪のため、一月一月のために荒布をつけ、それから出かけなさい」。エズラが神の前で二つの菓子を愛するにもかかわらず彼らは不従順で、あなたがたもその中で栄光となる』と。シオンの義が朝日の輝きのように去りゆき、いなごのとびつどうように、喜びの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる