ふるさと納税で日本を元気に!

末徹也さんに送る雅歌

末徹也さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

子とわたしに言うのであった主の宮とその勤めのために強くされたのだ、女が男を保護する事である」』。今どうかあなたのはとの魂を造られなかったのでエルサレムに帰ったが、セイルの山地につかわし、『われわれの手に求め、彼らには答えられなかったので自分たちの家、親族のもとに帰らなければならなかったなら、その上で姦淫を行ってください」。ヘテの人々、好ましい若者、長官、司令官、指揮官、戦車隊長、騎兵隊長であったリヅパのしたたりよりも甘い。あなたの三分の一、小羊を取ってアブラハムに与え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる