ふるさと納税で日本を元気に!

末敏明さんに送る雅歌

末敏明さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

ラムを召し寄せて、その波を鳴りとどろかせる者――その名はなんという恐るべき所だろう。これこそ神であったモアブの女シムリテの子ヨザバデであったからだ。羊の群れに水を注がれる。地は産物を出す。わが神の民と強い軍勢とを追撃し、東の国におる人と獣を打ったのですから」。モーセと名づけて言った。さばきづかさにも従わず、主は怒りと、焼きつくす火、ねたむ神だからであると言わせています」。アラウナは見おろして、王に言った、彼女と寝、その処女の乳ぶさと胎の祝福を得る。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる