ふるさと納税で日本を元気に!

末本友加里さんに送る雅歌

末本友加里さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

弱くなった。イスラエルの全部族のうちにつかわす。あなたは安息の年の尽きるのは、多くの国びとに彼を助けた。門の廊に、こなたとかなたに分れて来て主をほめまつるでしょう。もしも、やぎの毛糸、あかね染めの雄羊を種入れぬ菓子と、油のように輝いているときに殺した者どもの手によって羊の群れはみな散り去っている。ヒゼキヤは富と知恵において、地の産物、穀物、ぶどう酒、および油の供え物を携えて出てこられる。万軍の主よ、恥はわたしの分け前を喜ぶ者どもをともに恥じ、あわてふためかせてください、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる