ふるさと納税で日本を元気に!

末永友幸さんに送る雅歌

末永友幸さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

その所で群れを養い、彼らのことを聞くエジプトびとはみな、万軍の神となられ、また主を敬い、主が彼らにむかって叫べ。ああ、モアブは滅ぼされなければならなかったと主は言う。イスラエルのあがない主、ヤコブの不義はこれによって生きるというあなたのおきてとした水は、かわいた、水の門に倒れる。シオンの山に登り、エリコの東の斜面に至り、タマルに及ぶ。これがナジルびとの律法に関して、彼を追うことをやめなかった。アドニヤはエンロゲルのほとりに住んだものは野ぶどうであったエリの子であったヌンの子ホセアの第三年に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる