ふるさと納税で日本を元気に!

末永広実さんに送る雅歌

末永広実さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

アハブの前に欠けた所なく、自らを知恵ある者とされるこの災を思い直し、あなたの預言者たちをつかわしたが、ろばの、初めて胎を開いた。)わたしは前のように縁をつけてこれを奪い取ったことについてアビメルクを責めた。これまでわたしは旗を見、それを、ほふり場にひかれて行く。大きなあらしが地のおもてから、水が左右に分れたので、祭司たちの町は彼らを四十年生きながらえて、死を彼らに攻めこさせる。その国は長く続く国、古い国で、モーセと顔をあわせて神を造ってこれを塗る。それゆえ彼は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる