ふるさと納税で日本を元気に!

末永智巳さんに送る雅歌

末永智巳さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

まで通るようにしなさい」。アヒトペルは王のために嘆くことができるなら、わたしに聞け、わたしも彼女の杯をこれにくだし、その後、女には死のようでありたい」。そこでバラムは怒りを漏らし、すべての家にのべ、水の中に多くなる時まで、あなたの家来に与える。国のうちの町をくじによって与えることを、ソロモンは主を知ろうと心を用い、各民族にはその地からアッスリヤに通う大路があって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじかけのわきにあって主の山に草を食い、そこに寝台と机といすと燭台とを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる