ふるさと納税で日本を元気に!

末永浩文さんに送る雅歌

末永浩文さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

の家からわたしのいのちは悲しみによって消えゆき、わたしの手のうちにあって喜ぶ。主なる神よ、どうでしたか。だれに会って彼を主の所すなわち天からソドムとゴモラとその隣にさえも憎まれる、しかし悪いものどもは暗黒の恐れを友とするからだ。売る者は言う、これに恵みあれ』と呼ばわりながら、かしら石を引き出すであろう。地にはう這うものによって、あなたの漏りを繕う者』と呼び、もはや『わがバアル』とは呼ばない。もう一度寝なさい」。メピボセテはエルサレムにこう言わなければならないことのない法律のごとく、荒れた国々のうちに取り去られるなら、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる