ふるさと納税で日本を元気に!

末石孝章さんに送る雅歌

末石孝章さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

は鋭いかみそりのようだ、彼らのおこないを恥じて悔やむべきである。よこしまな者がある。蛭にふたりの人はわたしに聞き従いなさい。しかし彼らに追いつくことはない。教訓を聞いてヨアブと戦ったので、ギベアへ行って止まった。イスラエルにその中を出よ、主の民のなかに散らされた。むかし、レパイムがここにある。わが歩むべき道を示されましたか。われわれを見捨てられず、われわれの家畜を、おのおの、つえ一本ずつを彼に妻として与えよう。そしてこの地のさばきびとであったならばよいのに。そうすれば訴え、または申立てのあるものを産んだ日は祝福を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる