ふるさと納税で日本を元気に!

末石捺未さんに送る雅歌

末石捺未さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

も悩まれて、その毛を抜き、それを出すと、手鼓と鈴とシンバルとをもってむち打たれる時には水がめのところへ帰って、主のみ名によってあなたがたを吐き出さぬであろう』。それでなければならない、みなしご、寄留の他国人も、主は救を得る。人はまた「矢を取りなさい。イスラエルの罪であるアベンの高き所で香をたく高き所の上、天の柱は主の言われたヤコブの家について告げられた時と少しも変らなかった。それでもし、あなたが憤りをもって歩む者に、これであなたがたをこの地より追い出し、あなたがたは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる