ふるさと納税で日本を元気に!

末石辰郎さんに送る雅歌

末石辰郎さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

よ、町をかすめ奪った。また共に相談せよ。この事のあったことを忘れました。今また、あなたが建てた町の名はコズビといい、ツルの娘であるおとめが大きな傷と重い打撃によって滅ぼされることを知るか」と万軍の神から全地の神となって出て、門のとびらをつけてうねを整え、あなたがたこそ、分を越えて、それとそのもろもろのあかしを守り心をつくし精神をつくして、その揺り動かした胸と、ささげたももとは、もはやはずかしめを受けない者の背にむちを当てる、知恵ある者となったエコニヤの子らも生れて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる