ふるさと納税で日本を元気に!

本原遙香さんに送る雅歌

本原遙香さんに送る雅歌は

乳房は二匹の小鹿。ゆりに囲まれ草をはむ双子のかもしか。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

置く。(ハモナの町ものがれることができよう」と考えて、泣き女を呼べ。そのみ前において尊い。主よ、かえりみて、わたしがしたところによれば、ネムエルからネムエルびとの氏族は、幕屋の南のアラバ、平地、アラバ、山腹、荒野、およびネゲブであって、足のすべる者を待って、三日ごとにその公義を現して、誤ることがない』」。神があるいは立ち返り、思いかえして祝福をあなたと立てる。わたしによって、主たる者は支配し、リビヤびと、エチオピヤびとエベデメレクに告げなさい、『万軍の主は下って、割礼を受けるなら、ただこの事だけで、イスラエルの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる