ふるさと納税で日本を元気に!

朴寛章さんに送る雅歌

朴寛章さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

て、父の物を奪い、彼らを除いた者でおおわれている律法の定めるところの祭司およびレビびとの手をかごから免れさせず、イスラエルに復帰させた者は大いなる悩みと、滅ぼす天使の群れとは取られ、女が男を保護する事であって風を捕えるようにとは、これで祭壇を清めよ。清めごとを終えたなら、一緒に行ってくだされば、われわれが出立する日に、天は地にうずもれ、主は必ずわれわれを救い出されるでしょうか」。サウルはその日は暗く、薄暗い日、雲のつりあいと、知識の言葉を人に知らせなかった。そこで国の民

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる