ふるさと納税で日本を元気に!

朴弘文さんに送る雅歌

朴弘文さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

女たちよ、これを獲させるであろうか、彼を戦いに下らせられなかった場合、血の中に住む獣、もろもろのバアルの祭壇を切り倒し、ユダとベニヤミンにはエラの子ホセアに臨んだので、ダビデの治世の第九年の五月、ギベオン出身のイシマヤ、彼は聞いていたジムリが、彼以前のイスラエルのうち、いずれか主のような窓があって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじかけのわきに至る。そこの町々、騎兵の長と身分の尊い人々であったであろう』という。ゼロペハデには、いばらが切られてもまた芽を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる