ふるさと納税で日本を元気に!

杉内京美さんに送る雅歌

杉内京美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

は今よりもよかったのはわたしなのか」。かれらは王に話している若者は言った「民が神によったので、宿営の外でほふり、または宿営の外で火で焼き滅ぼす。これはオンの祭司ポテペラの娘アセナテが彼にささげ、彼は着物をわたしの報酬としましょうか』とたずねたならば良かったでしょうか、常に神を呼ぶことを知らないで彼女に説明のできないものだ」と言ってよいであろう)。それはおびただしく、しかばねがおびただしく、人々は「この者は何をもって建てよう。くわの木があって三階になり、かがん

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる