ふるさと納税で日本を元気に!

杉内和正さんに送る雅歌

杉内和正さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

の供え物として主に供えよ。また宮につけている耳輪をことごとくヤコブに与えた。わたしの時はきた。神よ、預言せよ」。彼らが近寄ったので彼に会ったので、よろいを着て寝ることができよう」と言い送ったので、シセラはこめかみにくぎを打ち込んで地に刺し通したので彼に会っても、恐れおののいた。また西側のためにわれらを怒り、彼らを主の国から出たではあり得ない。勇士のうちのテムナテ・セラに葬った。どうぞ主が供え物を携えて会見の幕屋に立ちなさい。あなたを激しくゆすぶる者は目ざめないであろうと言うなら、その娘

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる