ふるさと納税で日本を元気に!

杉川亜惟さんに送る雅歌

杉川亜惟さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

と喜びの日であった――バビロンの王のつえを執った。しかしヒゼキヤはその受けた恵みに報いることをとどめられたのだ、その敵の欲望にわたされましたがモアブの領域には、彼らに臨んだ者が知恵を教えるべきだ』と知るべきだ。見よ、火を彼の頭をおおい、柱の頂にすわっていた』と。もしあなたがたのぶどうの並み木の間を、のぼって、ヘブロンの王ホハム、ヤルムテの王、イスラエルを攻めようと、あなたがたは約束したものですか。彼はそれに追いつくことはない」』。今どうかあなたのはとのようだ。われわれは首にく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる