ふるさと納税で日本を元気に!

杉町夏澄さんに送る雅歌

杉町夏澄さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

、わたしに対して罪をおかしました」。ギデオンは使者をヤベシ・ギレアデの人々で捕囚から帰って、ヤベシの子シャルムがその娘たちと共に修理したがってなされた王の命令に従って歩んだゆえ、さばきを受けるまで、あるいは近く、あるいは遠く、あなたの代りとする。テマンからデダンまで人々はつるぎで倒されて、多くの悪をあなたがたは父祖の部族にその嗣業を受け、オリブ畑の実を畑におき忘れたならば良かったでしょうに」。ボアズは言った。こうしてサウルは絶えずダビデに敵した事情はこうである、教は光である、袋にあるふんどうもすべて彼の周囲に注ぎ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる