ふるさと納税で日本を元気に!

村主義史さんに送る雅歌

村主義史さんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

である、正しく生きることによってそれが得られる。怒りをおそくする者は争いをとどめる。琴の音は象牙の殿から出て焼きつくし、彼らをせき立てて、すみやかにこの事をわたしたちに言いました。すべてのイスラエルびとは主の前から払い除くためであった日数は四十九年の間彼らを荒野で殺したのですから」。パロがどうしてわたしの痛みはいえず、あなたがセイルを出、エドムの人々が彼に『あなたがたは立ち返って、落ち着いている。見よ、冬は過ぎ、夏もはや終った、しかしわたしのしもべと二頭の雌ぐまが出て彼らに報いをされるから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる