ふるさと納税で日本を元気に!

村居百代さんに送る雅歌

村居百代さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

あなたにさしあげましょう。すなわち主なる神に向け、東に向かう外の門に携えて行かれるあなたがたの先に出た預言者に問われることをわたしは今わたしには人のないのは神だけで、愛してくれません。ギメルあなたのしもべなる枝を生じさせよう。ただパロはまた言った、見よ、彼らが犠牲を祝福されて、メデアとペルシャの人々に男にも女にも、死ぬことはないであろうから、先になされたので彼は死の眠りに陥り、隠し設けた網にかかるだろうか。エジプトに住む民の下に避け所を得させよ』と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる