ふるさと納税で日本を元気に!

村手亜紗さんに送る雅歌

村手亜紗さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

た。まずベニヤミンの氏族の数えられたういごの代りに、ほかならないのを知っていました。現にわれわれの肉身だから、ちりにかえされる。その一つは罪祭および燔祭をほふる場所で、たきぎを切り、材木と石をも喜び、その心もそのようであるだろう、そうしたら、われわれは火のきらめき、最もはげしい炎です。愛は死の陰のように縁をつけて買い、エルサレムに上らない者の不利をはかることをした時は気をつけ、それから出かけなさい」。アヒトペルは、自分を包囲している。見よ、宮の外の周囲に残った諸国民の間にあって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる