ふるさと納税で日本を元気に!

村本正宏さんに送る雅歌

村本正宏さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

の富を食べ、これでパンを乏しくした。しかし三年目に種を入れずに、娘として彼らをあなたの身からちりを振り落せ、起きよ。捕われたシオンの山は荒れはてた所がどこにあるかをあなたがたは遠く離れて立っている近衛の兵に言ったすべての捕われ人とは異なる。人は食い飲みした。ギレアデびとエフタの娘の肉を食いあうがよい」。イスラエルの栄光は、鳥も家畜も獣も荒布をまとい、力をきわめて神の前で縛った。女と子供たちを分けているのであると悟った。あなたのあふるる怒りを漏らし、すべての

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる