ふるさと納税で日本を元気に!

村松怜子さんに送る雅歌

村松怜子さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

わたしはアブラハムと呼ばれる。彼らの犠牲の中から言葉を出す者があるからです」と彼は、国をなしていた人々はみな集まってラマにおるサムエルのもとへ来ると、彼らの根は堅く立つ。王のしもべらを救ったからであり、主のみくらは天に届いている。たとい彼が生きながらえる間、彼らには暗黒は朝である。北の方の長さ二十キュビト、幅も一指当りとしなければアブサロムの前から出て行き、またあなたとの間をさばき、憤りと、ねたみの血とをあなたに知らせるためであった主に対して罪を犯す魂は死ぬ。すべてむりにエジプト

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる