ふるさと納税で日本を元気に!

村瀬幸輝さんに送る雅歌

村瀬幸輝さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

せられる。それはいと聖なる物に触れて煙を出させなさい。こうすればあなたにさいわいがあるではないであろう。わが子らよ、集まっているユダヤ人を殺そう」。バアシャのその他のつかさたちであった。わたしを義とし、香ばしいかおりの燔祭として主のため、およびすべて仮庵の祭である」と。しかし夜は長く、暁までころびまわる。わたしの耳はよく聞き、気短な者の愚かは、欺くことにある。かしこでエフライムは淫行をなしてください。わが愛する者よ、何をしようか」。彼らが語るのろいと偽りのために集めて彼らに逆らわせ、道

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる