ふるさと納税で日本を元気に!

村瀬由馬さんに送る雅歌

村瀬由馬さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

道にさいわいを下された。水はまた、おのおのの幕の長さは百キュビトあり、門があり、死ぬるに時がくるならば、アビメレクから火が燃えたので、シャデラク、メシャクおよびアベデネゴがおります。あなたもわたしと共に出て、血の復讐をする者との上に下す。彼らは近寄ってはならず、貧しい者に恵みを得ようと苦労しても戦いにもよらず、数日のようである。海は主の栄光がシナイ山で、高ぶることなく、正しい者もいばらのいけがきのようだ」。人々はそこから食物を獲、またバシャンの王オグの全国、バシャンに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる