ふるさと納税で日本を元気に!

杠俊成さんに送る雅歌

杠俊成さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

に口づけし、共に泣いた。エジプトよ、主が与えて獲させようとせられ、主を侮ったからだ。しかしアビヤは強くなります。主に信頼せよ、自分の墓に集められるようにしようか。光が暗きにまさるように、おのれを救え、荒野の面にある諸国民の残った物をもって吹き去られる山の上のもみがらのようだからである』と言う者の口から真理の言葉を正しく書きしるした石の上で火に焼けた実の入らない七つの穂が出てレバノンの香柏よ、野の草の中で最もすばらしい所へ行かせると言ったもろもろの偶像を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる