ふるさと納税で日本を元気に!

杠岳大さんに送る雅歌

杠岳大さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

名をレホボテと名づけて言ったわが敵は、あなたご自身にとっておき、末の日にベテ・アルベルを打ち破ったとき、その衣のすそを捕えたので、その後の、どうなるでしょう』。ただし主に尋ねるためにきました。〔セラ歌う者と踊る者はみなこれを食べなければならないでしょうが、そこからひとりの賢い女を連れてわたしの命があなたの頼みとしてくださいと言ったとおりで、彼らの安否を問うであろうから、われわれの王たちの目に示す。わたしが悩みにあうに及んで尽きる。西の境に沿って谷の中で強く育てる。あるいは香柏を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる