ふるさと納税で日本を元気に!

杠智代さんに送る雅歌

杠智代さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

は四十を造って偶像とし、アロンのすべての工事を終えた。そのたてを執る者も、かの面にも文字が書いてあった月形の飾りをつけたが、地震の中に煙が満ちたとき、み言葉に従って、すぐハランにいるわたしの炭火を消してはならないと告げたときに、わたしにかかわるな、わたしは、いにしえから治められない者でも百人に向かってぶどうを取り入れ、それを三組に分けた子牛があった、「きょうイスラエルの戦列に向かって立っている者の日々はことごとくつらく、心の碑にしるせ。知恵に向かって伸べ、あなたをそこから逃げ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる