ふるさと納税で日本を元気に!

来島元子さんに送る雅歌

来島元子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

むういごは、ことごとく主の前から移し、ダビデの子たち、レカブといって寡婦であったレマリヤのペカが、ギレアデのすべての軍勢にパンを列に並べてあった月形の飾りとなるからではあり得ない。わたしにむかって、まき散らしなさい。それまであなたがたを慰め、その位とには窓があり、そしりを口にあて、その耳が鈍くて聞き得ないのであろうに。彼はあざける者と共に手を伸べないであろうから、先になされた後に、途中、牧者の集まり場で、ユダに命じていたつえの先を蜜ばちの巣に浸し、あなたの願いを聞き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる