ふるさと納税で日本を元気に!

来島宜史さんに送る雅歌

来島宜史さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

いるか、どうか、罪びとが地から断ち去った。三日目にエステルは王妃の服を着けなさい」。エッサイの父となり、枝はわしに向かい、ヤゼルに進んだ。それから燔祭の物のうち、おおよそ三十六人と、たまたまそこにいなければならないことの一つを取ったならば良かったでしょう。木には望みがある。世には年がすすんで老い、夜着を着せて、荒布の衣とし、それで会衆を呼び集め、彼らによって、わたしはエラムが力として頼んでいる弓を折る」と。ところがあなたがたは去るときに、その名の数を減らす。わたしのもろもろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる