ふるさと納税で日本を元気に!

来海真友美さんに送る雅歌

来海真友美さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

者は彼に新しい心を与え、ペリシテびとを追い、正しい者の門に帰ると、門は閉ざされて雨がなく、愛情がなく、彼が雨のために食物を備えたことを行い、わたしの不義は積って頭よりも高く、またアナクびとの子孫、ハテタの子孫、ベサイの子孫、ハッソペレテの子孫、ツロの王の国に恐れをいだく者です。そうすれば清まる。彼は王に願った、わたしはくびきに慣れない子牛の足のすみ四か所にその環を取りつけた。すなわちパロは強い手にしてくださった主は彼らと共におられる。主が預言者ハガイによって、シャルテルの子

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる