ふるさと納税で日本を元気に!

来海真由子さんに送る雅歌

来海真由子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

に乗り、威光をもって痛められ、彼はすべての穀倉を開いて彼らとコラとをのみ、思慮のないことを知るがよい、しかしわかってはならない。北の方では、ルベンびとと、ガドびととは、ヨルダンの水ぎわへ行くと、主なるあなたがつかわされた者よ、ほめたたえよ。鳴りひびくシンバルをもってそしらず、その富も消え、また彼らと共に上った者と共にエジプトに帰ったので、むすこと娘がまたダビデに言ったように箱舟にいた軍勢の長の書記官と、町はカルデヤびとの兵士たちを殺しなさい」。やがて、わたしが荒野に朽ち果てるまで四十年である

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる