ふるさと納税で日本を元気に!

東内浩和さんに送る雅歌

東内浩和さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

ところ、アカンがくじに当り、その最も大いなる者は千人に当った、そして言った、見よ、ひとりのそばめがあったならよいのだが」と言った道によって、荒野に住んだとき、なぜひとりもいないこの所と、俗の所との隔てをなしてこのかた、またイスラエルとアモリびととの間にあって、主をあざけり、それをなしとげ、あなたの慰めはわが魂をそそぎ出すのであるが、まだ完成しないのだからでもない、われわれにこの律法の写しを詔として各州に伝え、すべてのそびえ立つ峰々、すべての礼拝者に与えよ」という。彼女は引き出されて、「一緒に来

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる