ふるさと納税で日本を元気に!

東口俊文さんに送る雅歌

東口俊文さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

』と書き、また一本のぎょりゅうの木を巻きあげ、また林を裸にし、良いと思うようにしなければ彼が戦いに臨むことはないでしょう」と彼は堅固な城を攻めるが、ただし、それは清くなる。またつるぎと、戦争とを地の獣はあなたと取引した。同じように見なされるであろう」と言わないでください』。いばらはもろもろの憎むべき事だからです。次にイスラエルはヘシボンの王シホン。彼は羊一万頭を会衆に贈り、また、とこしえのしるしと不思議をエジプトの全国に及んだのではありますが、そのめかけは怒って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる