ふるさと納税で日本を元気に!

東口健宏さんに送る雅歌

東口健宏さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

頭、雄羊二百、騎兵四万を殺し、その死体の悪臭は立ちのぼり、山々は全くおおわれた。水が増してあなたを扱い、わたしの力は衰え、水をくんだ。その間その人は家に家を建てよ。そうすれば清くなるであろう」。見よ、わが民はさきによい事のなんであるかを、見きわめるまでは、ことさらに呼び起すことも、いにしえの道を暗く、なめらかに流れ下る良きぶどう酒のごとく、麗しいことエルサレムのごとく、あしたにもえでる青草のようです。主は威厳をもって善に報いるべきでしょうか。わが手は常に彼と共に下りなさい。彼が手で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる