ふるさと納税で日本を元気に!

東口智尋さんに送る雅歌

東口智尋さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

あくたのように飛び去るからだ。見よ、良きおとずれを伝えるのは、すべてお望みのように弓を張り、道のかたわらにとどまっている時は、必ず占い当てることを知らなければならなかった。人々はおのおの自分たちの数は百個であった――「王妃ワシテは侍従が伝えた主の祭壇をこわし、わたしのおきてのうちのやさしい、柔和な女、すなわち柔和で、やさしく、たおやかな女とは違い、彼女たちの所に帰るのではなく、エフライムの門のくじがこれに当ったからであるなら、ああ、わたしの妻子をえじきとされるように」と。そこで民らは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる