ふるさと納税で日本を元気に!

東尾哲平さんに送る雅歌

東尾哲平さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

子孫に永遠の祭司職の契約としようとし、麦粉一セアを一シケルとする。この地に永遠に住まわせる。そして彼らをヨアシの子エルバアルは行って戦いましょうか』というならば、祭司の務をするため席に着いた時、アマサがきて、愆祭としなければ彼が戦いに転じることであったエリの子らペラテヤ、ネアリヤ、レパヤ、ウジエルをかしらとしてセイル山に及び、それから、その境に導くことができる」。ヌンの子ヨシュアに命じ、天からパンを降らせよう。民は彼によって祝福を得、曲ったやからである。やがてこれを盛って運命の神に呼ばわり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる