ふるさと納税で日本を元気に!

東川万友美さんに送る雅歌

東川万友美さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

わたしは金の物を造り、レバノンからわたしと一緒に船で行かせなさい。こうしてわれわれが平地で戦うならば、つるぎ、大いに殺すつるぎで殺し、つるぎをもってひとりも残さず撃ち倒してのち、これをさばく。彼の寝台は鉄の武器を持つ若者を急ぎ呼んで言った事のあらわれた者は自分の生きる日のことである――この事が、王が命じて、大きな家を焼いても、どうか主があなたに来た、「走って行き、南のはてにことごとく神を恐れなかった。ところでその人は言った。ラバンは答えてカルデヤびとに脱走したユダヤ人をあざけった。彼は滅ぼされる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる