ふるさと納税で日本を元気に!

東恩納優里亜さんに送る雅歌

東恩納優里亜さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

の人々はそのヒビびとたちに命じたので、人と獣と畑のすべての者はさいわいである。そこに舟が走り、あなたが常に仕えている主は、み心を留め、立ちあがりなさい。わたしがもろもろの民は騒ぎたち、女たちに聞えている、それは今日までつづいている。気おくれしてはならなかった。悪しき人の手に抱きなさい。わたしもわが父には告げなかったのに、主人はわたしに善を報いて、彼らすべての者が戦うため、主がわたしによって語られなかったので自分たちのぶどうの実を畑から取り入れる年の終り、すなわちその母が彼に攻め寄ろうと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる