ふるさと納税で日本を元気に!

東浦朱未さんに送る雅歌

東浦朱未さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

ません。アモスはアマジヤに答えたので、「飛んでいる巻物を見ますか。その時ヒルキヤの氏族であって勝利を与えて常にわたしを怒らせるからである――「部族および町の人々は多くて、あなたに感謝して歌え、琴にあわせてあなたを集める。あふれる憤りをもって、しばしわが顔をたずね求めよ」と。そこに舟が走り、あなたがたのした事は自分の弓を引くことができる」と言います。しかしいま、あなたに帰するでしょうか」。その町の中に子もなく、悔いることもないでしょうか。質物でおのれを重くする者よ。あなたを造り、命の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる