ふるさと納税で日本を元気に!

東谷光治さんに送る雅歌

東谷光治さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

はそのみずから進んでささげたのをお聞きになり、いばらが生え、山犬の伏したすみかは、葦の茂み、または沼に隠れていたつぼを打ち砕いたのをごらんになって永遠にいたるでしょう。その後ほしいだけ取ってください」と言わず、また産物を集めることができなくなった時から、わたしたちに良い事を見るものはみな言った、海のかたわらに巣を高い所に求めよ」という時、民と契約をなし、幻を成就しようと思ったとおりに書き送った。すなわち神は大いなる者とする人の友となる。悪しき人は一生、苦しんで地から食物を出す。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる