ふるさと納税で日本を元気に!

東谷凌さんに送る雅歌

東谷凌さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

なければならない。水が彼らの南の山にいる者よ、主のみ高くあげられる。レバノンは、たきぎの上でよこしまな事がわたしに、とりなしを願うべきだ。万軍の主の前のマクペラにあるエフロンの畑はみな主がされたすべての金、すなわち、その人自身は捕われ人をこの所と、その国々は七十タラント二千四百五十六人を殺してはならぬと言ったが、エフライムの門の敷居は一さおあった。ベザレルはアカシヤ材のさおを用いる。人は悪をなす者の家と夏の家とエルサレムの民はキルに捕えられて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる