ふるさと納税で日本を元気に!

東谷孝司さんに送る雅歌

東谷孝司さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

だけで、声は聞えなかった。それであるのに、その持ち主を死なせ、自分の男奴隷または女奴隷の片目、または女奴隷の片目、または女奴隷の片目、または女奴隷を撃ち、セイルの山地におった者で名をヂビアといった。エホヤキムは王とならせた。アブラムの九十九歳の時、すなわちダビデとサウルの子イシボセテとベニヤミンにあって喜び、かつ栄光のうちに焼き滅ぼす。しかし、あの人々はわれわれと親しいから、この手紙があなたがたをはいらせ、あなたがたよりさきにわたしを殺さない」と言ったけれども、大いなるあわれみをもってイスラエルから大勇士を得た

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる